▲戻る            
        都築房子プロファイル → 全画歴
 
1949 高知市に生まれる
1972 高知大学卒業
1983 第16回 日本現代美術展(東京/京都)
1984 ランニングアート(滋賀/高松/大阪)
1985 第5回 ハラ・アニュアル展(原美術館)
第5回 試行する美術展(山梨県立美術館)
1987 シガ・アニュアル(滋賀県立近代美術館)
アート・ナウ(兵庫県立近代美術館)
彫刻動物園(栃木県立美術館)
1988 アート・ナウ(兵庫県立近代美術館)
1989 美術の国の人形たち(宮城県美術館)
1990 アートは楽しい(ハラ・ミュージアム・アーク)
1994 第13回 今立現代美術紙展(今立)
1995 クールの時代(高知県立美術館)
国際丹南アートフェスティバル(武生)
1996 国際丹南アートフェスティバル(武生)
1997 国際丹南アートフェスティバル・大賞(武生)
1998 アジアの紙展(岡山県成羽町美術館)
1999 T・E・A・M アジアの紙と現代美術(韓国釜山)
2000 PAPER WORKS 2000 INO(高知県伊野町紙の博物館)
WASHI - TEN(ハバナ・キューバ)
2001 PAPER WORKS 2001 IN AUSTRALIA(Wollongong・オーストラリア)
病院ギャラリー(伊予三島・愛媛)
2002 PAPER WORKS 2002 INO(高知県伊野町紙の博物館)
CAT展(相模原・神奈川)
2003 Encounters and Journeys(クラフトアクト・オーストラリア)
2004 Holland Paper Biennial 2004(ライスバイク美術館&CODA・オランダ)
2005 PAPER SALON 2005(ゲント・ベルギー)
5人のアーティスト展(土佐山田町立美術館)
2006 PAPER WORKS 2006 INO(ギャラリーCOPA)
2007 物が語る・日本と韓国展(倉敷市立美術館)
ボタニカル・ルーム(高知県立牧野植物園)
2013 信濃橋画廊コレクション(兵庫県立美術館)

☆個展
1973-86 ギャラリー16(京都)
1983 神戸現代美術ギャラリー(神戸)
1985/86 松村画廊(東京)
1988 エスェズギャラリー(東京)
1992-2005 信濃橋画廊(大阪)
1999 奥物部美術館(高知)
2000 ギャラリー風(坂出)
2005 ギャラリーG(広島)
2006 ギャラリーAo(神戸)
2007 アートスペイスさわと(高知)
2009 藤村製絲株式会社(高知)
2017 奈半利古民家ART(高知)


        造形教室主宰
        高知県展理事・功労者(立体部門無鑑査/審査員)
        土佐中・高等学校講師(1972〜1999)
        高知福祉専門学校講師(1990〜)
        高知大学講師(2006〜2008)
        香美市立美術館長(2012〜)

        現住所 高知県南国市立田2488



□外部プロファイルへのリンク
☆アンプル・アートギャラリー紹介ページ(97年)

☆土佐和紙の美学の紹介ページ(96年。ウェブアーカイブのデータです)




◇エッセイや記事など

☆「香美市立美術館 館長 都築房子さんふるさとと 2017年9月13日

☆「高ア元尚の生徒としての私高ア元尚新作展 2017年7月16日

☆「時代の空気知る手だて高知新聞2015年7月6日

☆「香美市立美術館 都築房子館長K+ Vol.97 2015年1月22日

☆「受講者の声平成25年度博物館長研修 2013年10月

☆「香美市立美術館 都築房子RKC高知放送 こうちeye 2012年4月26日

☆「土佐和紙のえとの置物NHK高知 こうち情報いちばん他 2011年11月10日

☆「造形作家・都築房子さん高知新聞2011年9月27日

☆「ギャラリーnBoXへ感謝高知新聞2010年11月11日

☆「現代と歴史問う作品群高知新聞2009年9月14日

☆「美の開拓者 現在テレビ高知 ふるさとの記憶 2008年10月28日

☆「個性という塔に登れ。K+ Vol.21 2008年9月25日

☆「土佐和紙でえとの置物NHK高知 高知まるごと情報市 2007年12月10日

☆「絶望が生む希望高知新聞2007年1月19日

ウーロンゴン大学2006年度クリエイティブアート学部大学院コース案内表紙
ペーパーワークス2001の作品「Silent Song」"Forging cultural links with Asia"

☆「オランダで紙の展覧会高知新聞2004年8月2日
"Papieren kleertjes aan de waslijn" "Imposante Japanse volumes"

☆「創造の現場10高知新聞2004年2月1日

☆「nBox・過去から未来へ文化高知 NO.114 2003年7月

☆「グリーンひろばJA高知市2001年5月号

 
☆私が住んでいる場所
私が住んでいる極東日本は、世界のはじっこにある。
ついこの間まで、経済大国日本は自分たちが世界の中心にいるような錯覚に陥っていた。
しかし本当は、政治も文化もあらゆる面でほんのはじっこに位置しているのだ。
大きな渦のまんなかに居れば、見失ってしまう自分自身や世界の全体像を、はじっこに居るからよく見えることもあるのだ。
極東日本の、さらにもっとはじっこの、西南日本と言われるような高知に住んでいることの面白さを感じている。

☆共生

人間を含む、すべての生き物は、自然の中で網の目のようにつながりあって生きている。そのつながりこそが大切である。限りなき欲望を抑えて自然の恵みをありがたく受け取ることで心の余裕も生まれてくる。人間の多様性は生き物の多様性の一部である。互いに共生して行きたいと思う。

☆レポート:和紙について




▲戻る